健康に良くない腰痛

健康に良くない腰痛とは

腰痛はなぜ健康に悪いのでしょう

腰痛は隠れた国民病などと言われ、厚生労働省の推計では2800万人が経験していると言います。しかし、その原因を特定できるのは僅か15%で85%は原因不明と言われています。腰痛は、「腰に負担のかかる姿勢を取る」「長時間同じ姿勢を取り続ける」「運動不足である」「生活習慣が乱れている」「精神的ストレスがある」「神経に障害がある」などの理由で起こるとされていますが、腰は身体の中心にあり周辺は重要な臓器が集まっていますので、内臓の不調で起こることもあります。腰の健康が守られないと体を動かせないで運動不足になり、健康は一層悪化しますので気をつける必要があります。

腰痛の理由も様々です

多くの人は、腰痛の原因が腰に近い部分にあると思ってしまいがちですが、実は身体の別の部分が原因となっていることも少なくありません。ですから、腰が痛くなってしまう本当の理由を知って、それを根本から解決していくことが出来れば、腰だけでなく身体全体の健康が改善されていくのではないでしょうか。また、逆に考えれば、まず身体全体をケアしてあげることで、同時に腰痛も改善していくこともあるのではないかと思います。ですから、痛みを感じる部分だけをその都度対処していくよりも、普段から健康に気をつけた生活をしていくことがとても大事になってくるのではないでしょうか。

↑PAGE TOP

Copyright © 健康に良くない腰痛とは All rights reserved